売上の正体とは?

ECでも、一般的なビジネスでもそうなのですが、どうも売上をうたう人が多いです。
月商1億、月商1000万、年商10億・・・などあります。
すごいと思いますか?私は話半分だなと思います。
なぜか?

【売上は利益ではない】

例えば、月商1億の会社があります。
毎月1億円が銀行に振り込まれてるわけですが、経費はどうでしょう?
もし、月商1億でも、経費が9900万かかっていたら、手元には100万しか残らないのです。
とても当たり前のことですが、意外にもこの「手元には・・・」を計算していない企業さんが多いのです。
どういう意味かと言うと、会社全体で売上ー経費=利益 という計算はされていますが、事業所内における
・各商品
・各サービス
などの単体での計算はできていない企業さんが多いと思います。

【売上とは稼働率の事だった】

売上とは利益ではありません。お客様や取引先から振り込まれるお金の総称です。
では、売上1億をあてにしてはいけないのでしょうか?
売上とは書いたように、「お客様や取引先から振り込まれるお金の総称」つまり、取引結果です。
言い換えれば、その企業や事業所の稼働率と考えることができます。
従って稼働率が高いか低いか?という指標にするのであれば正解です。

【売上を利益の指標にするには?】

売上を利益の指標にするには重要な事があります。
この2つが出来ていないのであれば、売上を述べても意味がないのですが、意外にもそういう企業さん多いです。
それは、
・原価計算
・時間コスト(業務効率)
です。
原価は1つ1つ丁寧に計算してゆけば、比較的簡単に出せますが、肝心なのは時間コスト。
時間コスト、つまり業務効率の計算はほとんどの企業さんが出来ていないと、ITコンサルしてて感じる所です。
時間コストの考え方については後述します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA