今はコロナ禍ではなく、第四次産業革命

コロナ終息?元の世界に戻る?
いえ、ある意味戻ってはならないし、戻らないのでは?と思っています。
今は第四次産業革命への移行期です。

【経済活動のスタイルの変化】

もうご存知のお話で恐縮ですが、
・リモートワーク
・Web打合せ
・デリバリーサービス
・通販中心
・現地サービスは、本当に現地でないと味わえない何か
という世界です。

【雇用の変化】

最適化されると思います。
今までのように、新卒雇用や未経験者雇用からの教育コストをかけるなんてことをしては、出遅れます。
2021年の今もまだ、大企業はそのような事をしていますが、皮肉を言えばリアル職業訓練所の役割です。
即戦力や経験者(年配でもよい)が優遇されるのではと思います。

数年後は、外国人雇用が今より盛んになり、諸外国も日本への人材輸出に力を入れる可能性が高いです。
そうなると、日本人の若い子は今のような環境では厳しいかもしれません。
未経験者の方はお金を払って訓練してくれるところに行くビジネスモデルが発生するかもしれません。

AIが職を奪う事はまだないと思います。
最新技術はすごいですが、実用化レベルではまだありません。

【ついてこれていない業界がある】

すみません、実際に現場みてないで、知ってる情報だけからの分析なので話半分でお願いします。
・政府、行政
 まあここは明らかに足を引っ張っています。明治時代で言えば、まだに江戸幕府そのもの。
現在の日本政府やその構造的で潜在的な問題を抱えている状態では、この第四次産業革命にはついてこれないでしょう。印鑑、書類、無意味な会議・・・すごいですね・・・。

・学校
 田舎だけなのか、都会の学校はどうでしょうか?
こちらでは、教師の方は時代遅れ感が否めないのですが・・・学校の先生は、危機感をお持ちなのでしょうか?
学校の先生は、Youtuberに取って代わられます。また、今の日本の学校教育も考え直さないといけないでしょう。詰め込み、暗記・・・。無意味な校則・・・。

・TV業界
 芸能人Youteberのお話を聞いていると、相当閉鎖的なようですね。意外と驚きました。
TV業界がもつ構造的な問題をどう変革できるかがカギになりそうです。

・旅行代理店など一部の観光業界
 旅行が世界単位で戻るには、まだまだ時間がかかりそうです。
2021年3月時点でも、フランスはロックダウン、フロリダは春休みで大学生がパーティー三昧、当分難しいかもですね。
 大手旅行代理店さんは、修学旅行などの公共事業でかなり売上とってたと思いますが、それらも見直されつつあるのでは?大型バス業界もですね。

ということで、産業革命と捉える事で、何をするべきかが見えてくるのではないでしょうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA