アフターコロナで営業職が減る?

業種によるとは思いますが、アフターコロナは営業職が減るのでは?と思っています。
その理由は・・・・

【日本のITレベルが少し底上げされる】

既に1つは誰もが実感するところですが、Zoomなどのオンラインミーティングが広まりましたね。
正直、IT業界にいて離島の私にはありがたいです。
以前より、Zoomを利用していたのですが、お客さんが「Zoomって?」とか「オンラインで打ち合わせなんて・・・」と、ネガティブでしたが、今や当たり前。
通販も前からみんな利用していたとはいえ、今は加速度的です。なんでも通販しちゃってますよね?
さらに仕事もテレワーク。
日本のテレワーク率はまだまだ低いですが、少しずつ浸透してゆくのではないでしょうか?

余談
日本のテレワーク率はTVでは90%とかおかしい数字出てますが、実際は10%未満?かも??そもそも日本の産業は、製造、サービス、卸・小売、建設、政府系などテレワークが難しい業種が70.6%を占めており、IT系は多くても18%。調査の方法も、Webやメールでの回答って事なので、回答できる人がIT系だろってオチですね

【Webで検索する】

ITレベルが底上げされることで、顧客側が自身や自社にあったものをWebで探す。そのため、営業が連絡する前にすでに希望商品を見つけている場合があるのでは?と予想しています。
さらに、IT底上げで、今までHPを持たなくてもよさそうだった企業さんも「持ったほうが良いかも?」として、持ち始めています。探してる人、見つけてほしい企業、それぞれがWebという媒体でのつながりが強くなりつつあります。

【営業コストについて疑問が出る】

営業さんを抱えるのは、非常にコストがかかります。特にこのコロナでは、IT系の企業がどんどんオフィス削除などに動いています。そうした中、本来であれば大きいオフィスで営業さんを抱えて、ビジネスを展開しなければならない業種も、何か方法はないかと疑問を持つはずです。
そこで、WebでB2Bマッチング、ホームページ、SNSなどツール類でそれなりの集客ができはじめたら?
これらのサービスのほうがはるかにコストが安く、しかも顧客が選んでくれているので、営業さんのスキルリスクが回避できます。もちろん、別の訴求力を可視化しなければならないという課題はありますが、いずれは求められることです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA