事例:業務効率化で失敗例

現在進行中の案件で、あまり良くない例を書いてしまいます。
問題点は、「取りまとめする人」(コンサルとかプロマネ)つけなかったことにあります。

【状況】

業種:ナイショ
社員さん:10名くらい
IT化:もともと使っていたオリジナルの社内システムをクラウドで作り直したい
その他の状況:社内には外注のSEさんもいたし、この案件の発案者の社内の方(Aさんとする)もいたが、Aさんがプロジェクトの途中で退職してしまい、引継がされていない。さらに、現場のメインの方も退職し引継なしw。

【私の担当】

私は、最初聞いていた仕様でWebアプリ(クラウド)を開発するだけ。
今思えば、最初にしゃしゃり出て私が、仕切っておけばよかったと後悔・・・

【現状】

・Aさんがまさかの退職で、さらに引継なし。Aさんは重職なので退職するとは意外でした。
・引継やまとめ役がいなくなり、社内でも情報共有が出来ていない状態
・何とか私が情報共有して、進めてみたものの、最初の仕様と話しが食い違う
・そもそもAさんも、なんとなくまとめ役だった点もあり、どうやら現場を完全に把握していなかったようだ
・現場の方の要望に合わせて開発を進めるも、追加費用が当然かかる
・追加費用にクライアントさんは不満
・実装が進まないことに不満
という具合で、何だか少し私の愚痴みたいになっていますがw 現状のリアルはこんな感じ。
ですが、何が問題だったのかを検証し次回に生かさないと意味がないですので・・・・

【問題点の検証】

登場人物をおさらいすると、
・私
・Aさん
・現場の方たち
です。
Aさんは重職の方でしたが、現場のリアルを把握されていなかった点が否めません。そのため、Aさんが私に伝えた情報は、現場のリアルのほんの一部や、少し誤った情報でした。

勿論、私も長年の経験から「現場のリアルは現場に聞け」として、クライアントさんの会社に赴いて、現場の方の話を聞きましたが、開発だけの役割だったので、つきっきりで話を聞く事はできませんでした。
その点が1つ反省点です。
クライアントさんに費用がかかりますが、つきっきりで徹底的にコンサルしてあげるべきでした。

次に問題点は、まさかのAさんや現場のメインの方の退職&引継なし。
こうなると、この案件の全貌を知っているのは私だけ。
ですが、私も社内の事は知らないのと、権限もらっていないのでどこまで突っ込んでよいのか・・・
ここも反省点。
やはり、コンサルし、プロマネしてあげるべきでした。外部で私が社内の事も把握しておけば、こんな事故があっても対処可能ですし、全体的な費用も抑えられたはずです。

【こんな時は外注にフル投げです】

過去にも似たような経験がありますが、多くの会社さんが費用を惜しむため(当然なのですが)、社内のリソースでまかなおうとしますが、次のようなスキルの方がいないのであれば、外注をお勧めします。その方が最終的に安く済みます。
・業務分析ができる
・プロジェクトの管理ができる
・ITの知識がある程度ある。(開発者の話がだいたいわかるレベル)

初期投資はかかりますが、導入がスムーズなので機会損失を防ぐことができます。
実際、上記の現状の案件は、最短で3ヵ月、最長でも半年で済むはずが1年半かかってます。

業務分析ができているかどうかの閾値ですが、依頼しようとしている重役や代表の方が現場の方のお仕事を代わりに今すぐできるかどうかです。

とりあえずであれば、30分Zoomで無料相談承りますので、お問合せ下さい。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA