差別化とはなんぞや?2

前回の続きです。
差別化は「ほかの誰にもできないこと」と書きました。
そんなものあるのでしょうか?

【あなたの中に眠ってる差別化の種】

結論から書きますと、あなた自身の特性、性格、人生経験、趣味、そういった無関係なバッグラウンドから引き出されます。
私がコーチングするのは、それらと皆さんのビジネスモデルを融合させて明文化します。
地球上には60億人(もう70億?)います。ということは、60億の生き方と考え方があります。どれ1つとして同じものはありません。
深堀すればするほど、個性が出ます。

【例として私の場合】

自分で恐縮ですが、自分にもコーチングしてみたので、その話を簡単に。
(詳細はこちらへ
私の場合の経歴として、
・システムエンジニア経験
・お客様の社内システムなどを開発経験
⇒その関係で、知らない業務も素早く業務分析できるスキルが身に付く

・プロジェクトマネージャー経験
⇒その関係で、進捗管理やゴールまでの道筋書くスキルが身に付く

・Webディレクター経験
・売るのが難しい商材ばかりの通販経験w
⇒商品、商材の良い所を見つける、お客さんの業務の差別化を見つけるスキルが付く
という具合です。
これらを足し算してゆくと「差別化・付加価値 発掘コーチング」ができたわけでして、卵が先が鶏が先かみたいな話ですw

【例:ある健康食品販売・食事指導の方の話】

モニターで先日、コーチングを受けてもらいました。
(詳細はこちら
この方の経歴としては、
・アロママッサージサロン経営経験
・体に無理がなくほぐれる施術技術を勉強。それにあたり、医学的な勉強も。
⇒食事指導で論理的にクライアントさんに説明ができ、原因と結果が言える
⇒クライアントの悩みに対してのヒアリングスキル

・免疫学などを勉強することが苦じゃない
⇒健康食品に対して深い知識が身につけられる

・腸マッサージが得意
⇒腸と健康、免疫に対して知識と実践が深い
と、この方でしかできない事がどんどん出てきました。

【個性が無い人は?】

ホームページを作成している過程で、このように差別化をしながら制作していますが、やはり中には商品・サービスに個性が無い方もいらっしゃいます。
となると、価格競争に巻き込まれてしまいますが、低価格で出せる事も個性の一つ、差別化の一つです。(低価格を提供できるシステム自体が差別化です)

今のところ、個性が無い方に会った事はないのですが、
仮に無ければ、作ればよいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA