「差別化・付加価値を発掘コーチング」 の背景2

このコーチング を思いついたというか、できるようになった背景について書きたいので、書きます。
概要については、こちらへ コーチング のページへ
コーチング の内容は割愛しまして、本題を何回かに分けて長く書きます。
5つのエッセンスがあります。
システムエンジニアとしての業務分析
・Webディレクターとしての良い所見出す←今回はコレ
・マーケティング、ターゲティング
・プロジェクトマネージャーで進捗管理
・経営の勉強
この5つです。この1つが欠けてもこの コーチング は行えないというのもあり、
今回は「 Webディレクターとしての良い所見出す 」について書きます。

【Webディレクターって?】

Webディレクター業は、業界の人にも曖昧になっているフシがあります。IT業界では珍しく、ボヤーっとしてる感じですが、実は明確に定義できます。
Webディレクターは、Webデザイナー出身、Webマーケティング出身などいると思います。
具体的に何をするのかというと、
・ホームページの方向性を明らかにする
・ホームページの全体像を作る
・制作作業の管理をする
というのが大雑把な話です。テレビのディレクターさんに似てるか同じかもしれませんね。

さらに掘り下げますと、
・方向性を明らかにするために、ホームページで訴求内容を明確にする
・全体像を作るために、ホームページのコンテンツをとりまとめ、優先順位をつける
・デザイナーさんとコミニュケーションが重要、正しい指示を出す
という事をします。

さらにさらに掘り下げます。
・ホームページで訴求内容を明確にするために、お客様や商品などの良い所を見つけ出す
・ ホームページの中身の優先順位をつけるために、お客様の目的、向かう方向をヒアリングする、時に提案する
・それらを明文化し、デザインの青写真をデザイナーさんに伝える
という事です。
私の経験ですと、1つの案件内で、WebデザイナーさんがWebディレクターをやらない方が良いです。
なぜなら、Webデザイナーさんとディレクターは役割が異なり、デザイナーさんは美しさを優先順位1位ですが、ディレクターさんは訴求性や方向性が1位です。
デザイナーさんに好きにさせると、デザインはよいがわかりずらいホームページが出来上がります。
そういう所、ホント多いです。

【差別化と付加価値を見つける事ができるようになった】

ホームページ制作の仕事を始めてから、いつも課題は同じです。
「このお客さんの商材をホームページでどう集客できるか?」でした。
宮古島という地域性かもしれませんが、同じ業種の同業他社のホームページを作ることが多いです。
例えば、シュノーケリングショップさんのHPを作るわけですが、A社とB社の内容を同じするわけにはいきません。そこで、差別化が必要になりますが、ショップさん側が差別化していない場合も多く、弊社でそのショップさんの良さを深堀しなければなりません。
また、よくわからず値段だけ高くされている商材もありますが、その付加価値も弊社で深堀して見つけ出します。
そんなことを数年やっているうちに、お客様のイイ所を見える化できるようになってきました。
あとはそれをデザイナーさんに具現化してもらうだけ。

たまに、どうにもできない商材もあります。
こういうものは、価格競争に巻き込まれます。それはそれです。
付加価値、差別化ができないのは悪い事ではありません。
我々はそのような商材にむしろ頼って生きている方が強いのではないかと思います。

【Webディレクターになるには?】

スキル的には、マーケティング力、ターゲティング力、デザイン知識、具現化力が均等に必要だと思います。
IT業界では、1,2位を争う幅広い知識・スキルが必要なお仕事ではないでしょうか。
そのためか、上手にできている(訴求力、デザイン力がバランスよくできているホームページ)ところはあまり見かけません。
そういう点もあって、余談ですが、Webディレクター育成講座を開こうと思いました。(2020年8月まだ準備中)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA