SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE レビュー

こんにちは。社長40代のオッサンのゲーマーです。
中古購入でプレイしたのでレビューです。

【オススメかどうか・総合評価】

最大は☆5つ
グラフィック:☆☆☆☆☆
サウンド:☆☆☆
操作性:☆☆
ストーリー:☆☆☆
やりこみ度:☆
世界観:☆☆☆☆☆

【良いところ】

・グラフィック
・デザイン
・世界観
 表したい世界観が、グラフィック・デザイン共によく表現できていると思います。細かくステキです。
・ストーリー(プレイ時間短いのでちょっと早計ですが、ストーリーよさそうです)
・忍殺シーン
 PS2の天誅ぽくて好きですね
・アクション性

【悪いところ】

難しいを通り越してます。単に理不尽なだけでは?魔界村以上で、スペランカーですw(古いですねw)
・敵のあたり判定範囲が広すぎと思います。「今のギリギリかわせたよね?」が、ない。一方、こちらのあたり判定範囲はかなり狭い
・忍具の判定範囲が狭すぎて、使えないです。相手にピッタリくっつかないとダメとか、相手によって有効な忍具の閾値が見えないとか。手裏剣も簡単にかわされるので、忍具はあまり使えない
・死亡時のロストがドSすぎて、心無えます。お金と経験値が半分取られます。これはバランスおかしいと思います。
・ボスや強敵との戦闘での死亡時、リボーン箇所からそのボスや強敵の場所まで、また雑魚を倒さないといけないのが、面倒すぎます。仁王のように、そこはショートカットできる道を作ってほしい。
・アイテムが弱い
 ドーピングアイテムも効果感じないし、目くらましとかも範囲狭いし、効果終了早すぎて使えない。
・攻撃が単調。
仁王との比較で恐縮ですが、テクニックとか不要で、ごり押しで勝つ感じです。
相手の攻撃見極めて、ヒットアンドウェイはできないし、忍具やアイテムで弱らせておいて勝つとかもできない。仁王の時のように、レベル差がある敵でも、一工夫で勝とかはないですね。
近づいてひたすら連打した方が早いってのが・・・
・見切り技とかは、ただのじゃんけんゲームでつまらない。敵が突きか下段かを見極めてボタン押すと回避やカウンタ―入りますが、じゃんけんです。
・死亡時に経験値が減ります。なので、何度も死にそうな敵に関しては、先に経験値を使ってスキルに振って経験値浪費防ぎをせざる得ないので、別途、スキル得るために経験値稼ぎの作業も発生してしまう。
【スキル】
・身につけた気がしない、使えないスキルばかりな気がします

【システム】
・死んでもその場で生き返ることができる。だったら、体力倍にすれば?と思う。蘇生される意味がよくわからない。

【総括】

プレイ時間が短すぎるので投稿はかなり悩みましたが、パッチでレベル補正されない限りプレイしないのと、諦めたいけど諦めきれない方に参考になればと書きました。

自分は、
・ダークソウル、デモンズソウルは嫌い、つまらない
・仁王は楽しい
というプレイヤーです。

SEKIROは、ゲームの難易度のバランス調整は大失敗だと思います。
仁王も確かに難しかったですが、敵によって攻略方法や自分の武器やアイテムで多種多様性が見いだせたので勝機が見いだせるので、何度でもトライできましたが、SEKIROは「なんだ、最後はボタン連打かよ」という、さびしいオチ。
プレイ時間も最初のボスもクリアせず、です。
中間の強敵が、全部この感じなので、もうこの単調な作業の繰り返しやウンザリ。
何度もやる気になりません。
難易度高は良いのですが、つまらなく感じさせてはいけませんね。

【お願いしたい改善点】
・ドーピング効果の改善
・あたり判定の範囲
・スキル効果
・アイテムや忍具の有効範囲と持続時間
・死亡時のペナルティがきつい
せっかく購入したのでまだ売りませんが、面白いゲーム出たら即中古で売りますね。
グラフィックと世界観がよいので、もったいないですねこのつくり。別に死ニゲにしなくても、売れると思うんですが。蛇足じゃありませんかね?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA