これを知らずしてECサイトを始める事なかれ(8)

Web広告について書いてゆきます。

【Web広告の種類】

まずはどんなものがあるのかをご紹介しますが、用語説明を簡単にします。

用語
・バナーとは、広告の事です。文字だけのテキストバナー、画像で作られたバナー、アニメーションが入ったバナーなど、Webでは表現方法が多いので多種あります。
・アフィリエイトとは、 厳密には違いますが 便宜的に広告の種類の1つと覚えてください。
・メディアとは、YahooやITMediaなど情報を掲載してくれているサイトがあるかと思いますが、それ達です。

広告の種類
・アフィリエイト広告
 仕組みがややこしいので、後述します。
・Google広告
 Googleの検索で「広告」として記載されて出てくるバナーです。Yahooでも同じものがあります。
・オプティマイズバナー
 あなたがダイビング趣味で、沖縄に関するWebページを見てたとします。するといつもダイビングショップやダイビング機材のバナーが出ませんか?そのように、閲覧者に対してAIで最適なバナーを出す仕組みです。
・メディア掲載バナー
 YahooのTOPにバナーを有料で出してもらうなどです。

では、1つ1つ説明してゆきます。

【アフィリエイトとは?】

仕組みがややこしいので、簡単に説明します。皆さんの商品やサービスの宣伝を、世の中の一般ユーザーさんのホームページ、ブログで代わりに宣伝してもらう仕組みです。もちろん、報酬は払います。
報酬の支払い、あなたの商品やサービスを一般ユーザーさんへの紹介、一般ユーザーさんの募集を代わりにやってくれるのが、アフィリエイト会社といわれるものです。
私は某有名なアフィリエイト会社のシステム担当だったので、よく存じてますが、細かい報酬の仕組みなどは説明を省きます。今は知らなくても困りません。

ここで重要な点を書きますと、
・商品やサービスを宣伝してくれるユーザーさんたちは、報酬欲しさにがんばるので期待できます
・原則、成果報酬制です
・ユーザーさんの中にはそれを生業にしている一般人から、ガチプロの企業まであります
・ユーザーさんは報酬が欲しいので、しっかりと商品プロモーションをしてくれる可能性が高いですが、売れないと判断されると売り上げは皆無です

【私見】
もともとアフィリエイト会社いたからというわけではなく、私は最も成果率が期待できる広告と思います。
ただ、重要なのはアフィリエイト会社にどのくらいのユーザーさん(俗にパートナーという)が所属しているかが問題です。特に数だけあってもダメなので、アクティブなユーザー数が重要になります。
私はアリな広告だと思いますが、まず皆さんの商品やサービスが売りやすいかどうかも考えなくてはなりません。

アフィリエイト

【 Google広告】

キーワードを入札制で購入する広告の仕組みです。
例えば、あなたが「群馬県の養蜂家」だったとします。
ネットでヒットしたければ、「ハチミツ」とか「ハチミツ 通販」で検索で一番上の方に掲載されれば、必然的に注文が入る可能性が高まりますよね?
その「ハチミツ」とか 「ハチミツ 通販」 というキーワードを購入します。
金額が入札制であることがポイントで、他のハチミツ通販サイトも入札してきますので、競争になりまして、一番金額が高い養蜂の方が、高頻度で掲載される仕組みです。
例えば、A社が「ハチミツ」を100円で入札した場合、あなたは100円以上で入札しなければ、A社よりも高頻度では掲載されません。
ハチミツというキーワードは、人気が高く全国のハチミツ販売店が狙うキーワードですので、あなたが「群馬 ハチミツ」と、少し競争率が低そうなキーワードにすれば、もう少し安く入札が可能です。
Google広告は掲載されてもクリックされなければ課金されませんので、心配なそうですが、現実は違います。
同業他社がクリックしまくりますw。あなたのGoogle広告を見つけた同業他社がクリックして、あなたにGoogleから課金させるようにします。そうすることで、負担を強いる技は常套手段です。厳密に防ぐ方法はありません。逆に言えばあなたにもそのチャンスはあります。
ちなみに、同業他社クリックは30%~40%くらいといわれてます。私の感覚値では60%です。

【私見】
私自身も、お客様の代理でGoogle広告は経験がありますが、結論的にはやらない方が良いと思います。費用対効果が低すぎると思います。
広告で重要なのは、費用対効果です。特にGoogle広告は、ただの露出とは違って成約(購入や予約)につながらなければ、無意味です。
Google広告費に対する、粗利(売上ではなく)を計算されてみてください。あまり良い結果は出ないではないでしょうか?
さらにもう1つ言うと、皆さんは逆にGoogle広告をクリックして購入されたこと何回ありますか?

Google広告

【オプティマイズバナー】

Yahooなどで見かけるバナーです。ユーザーさんが見ているWebページに、ユーザーさんに適したバナーを表示する方法です。沖縄の事を検索さている方には、沖縄旅行のバナーを表示するなどです。
最適化されいるので成果率が望めます。
バナーは文章表現よりも、画像などがほとんどになります。
Google広告同様に、成果率が重視されるバナーと言えます。

【私見】
成果率は高いとは思います。私が試したところ、Google広告などよりも注文には至りました。
ただ、高い。費用対効果でいけば、Google広告よりマシ程度です。

Yahooの一番下の方にオプティマイズバナー

【メディアバナー】

メディアバナーは他のバナーと違って、露出中心だと思います。成果率は低くても、認知度が広がる事が重要ではないかと思われます。もちろん、どのくらいの認知度になったかを探るのは大変ですが。
具体的にどういうものがあるかというと、
・YahooJapanのTOPページ表示されている広告
・Facebookで出てくる広告
・その他アプリを利用中に出てくる広告
です。新聞、雑誌と同じで彼らはこういった広告収入で生きてます。
最も課金方法はメディアによるとは思いますが、通常は表示数で課金か、枠を1ヶ月買い取るなど新聞雑誌と同じモデルです。
メディアバナーの良い所は、各メディアが事前に自分たちのユーザーターゲットを見定めている点です。あとは、あなたの商材のユーザーとマッチするメディアを探すだけ。
ただ、高いです。

【私見】
まず、事前にあなたの商材のターゲティングが完璧でないと意味はないです。私も使ってみましたが、私がターゲティングが甘かったので、費用対効果が悪かったです。一方、ターゲティングできていた商材は、効果がありましたし、よかったです。
ただ、広告費は非常に高い場合が多いので、熟慮が必要ですね。

広告費は何千万とか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA