アフターコロナ 新卒・既卒・求人について

アフターコロナの予測第一弾として、求人について予想してみたいと思います。
コロナの終息は2年後以降(2022年5月以降)という設定です。

【新卒や未経験者は雇用されない】

今後、大企業でも新卒や未経験者は雇用されずらくなると思います。
そもそも、今でも新卒を雇用する企業は、私からすると不思議極まりありません。
新卒雇用は、高度経済成長期の名残で雇用にあたってのまともな理由がほとんど皆無です。それがコロナの影響で企業側もやっと認識するものと思います。

新卒雇用の問題点、つまり企業側も認識するであろう点を書きます。
1.即戦力ならない、生産できない人材
 即戦力にならないのは当たり前なのですが、なぜか日本の企業は即戦力にならない事を気にしていないのか???
これが何を意味しているかというと、ただの売上ゼロの人という意味です。
ですが、企業内ではどのように補完されるでしょう?
簡単でして、先輩や上司がその新入社員の給与分を残業するのです。構造的にはそのようになってます、本人たちが望むも望まぬも。そういった今まで見過ごされてきた点に、日本の経営者の方もフォーカスし始めると思います。しないなら、ダメ企業ですねw。

2.育成コストの無駄
 即戦力になりませんから、3ヵ月か6か月くらい?育成します。
企業は営利団体で学校ではありませんw。その事に認識が出てくるのでは?と思います。
育成コストを具体的に算出してみれば、こうなります。
手取り20万の新入社員。実際の必要コストは30万くらいになります。(コスト計算式は省きます)
30万x6か月としたら、180万円。180万かけて、育てるのでしょうか?そして育つのでしょうか?
しかも、その後辞めてしまう可能性がある人を。

(余談)
私見ですが、私は転職大賛成派です。大企業、中小企業、ベンチャーなどいろいろな規模の会社を渡り歩く事をお勧めします。私もそうしてみました。私の経験ですと、大企業の方が意外とフットワーク軽くて、提案するとなんでもやらせてもらえました。その代り、書類が多い。仕様書や提案書や・・・資料作りが多いですが、それ故、品質が良いです。ですが、いろいろな事を気にするあまり進みは遅いです。一方、中小やベンチャーの方が提案しても何もさせてもらえないし、派閥や好き嫌いが多くて面倒でした。書類は少ないので、仕事はスピード重視で品質は雑になることが多いですね。
なので、うちではイイとこ取りをして、細かい事は気にしないが仕様書や提案書はしっかり作って品質管理してスピード感という運営にしています。

次に未経験者も雇われづらくなると思います。
一番の理由は失業率です。
コロナ2年と仮定の話ですので、2年後は失業者が多いでしょう。
ですがコロナ終息と同時に少しずつ回復する経済。企業はまずは失業者の中で経験者を選ぶはずです。
未経験者は雇用されるでしょうが、経験者が終わった後になると考えるのが妥当でしょう。

新卒の方には厳しいもう一つ条件が加わります。
それは、ブランクです。
学生は、2年の社会人未経験ブランクが与えられる事になります。

【雇用自体が根本的に見直される】

コロナで大打撃を受けているのは、飲食店・旅行・観光業界などなどありますが、その中で特に飲食店さんは今後は雇用の見直しと、店舗運営の見直しをすると思います。
まず、雇用ですが、ホールスタッフの削減です。
IoTが進んで今やタブレットで注文が取れますから、飲食店さんはそちらに移行しホールスタッフを削ると思われます。
雇用とは話が変わりますが、店舗運営も見直される可能性があります。
どういう事かというと、今までランチのみやディナーのみだったお店も、両方を行うか、片方は他の飲食店にレンタルするなどです。
また、衛生管理についても、今回の事件をきっかけに保健所の飲食店許可のハードルが上がる可能性があります。その場合のコストもかかるので、飲食店としては雇用という最もコストがかかる分を削減せざる得ないではないかと思われます。

こういった形で、さまざまな業種で無人化可能な業務はどんどん雇用がなくなると想像します。
企業や経営者からすると、このコロナの影響で今まで運転資金というものを無視してきたか、あるいは理解していなかった方たちも、運転資金というものに関してかなりフォーカスし始めると思います。
業種によりますが、一般的に運転資金で最も占有率が高いのは人件費です。その人件費を削る事で見えてきた運転資金を抑える術を、わかった企業や経営者の方は、アフターコロナも当然ながらフォーカスするでしょう。

【学生さんや未経験者の方に提案できること】

一応経営者の私からして、提案できる事としては、
インターン制です。
自分から、気に入った企業にインターンをお願いすることです。
給与は望んではいけません。もし、給与を出してくれる会社があれば、相当余力があるかお人よしかバカなのでは?と思ってしまいますが・・・。
生産しない人に、給与を出すなんて生産している人に対して示しがつかないですし、運転資金の考え方が微妙な気がしますから、経営としても微妙な気がしますが・・・

私から提案できる仕事の仕方は、
1.教わってできるのは当たり前
2.先輩や上司の仕事の仕方を盗む
3.提案できること
4.評価が欲しければどんな職場でも100%の力を出す事。インターンとかバイトとか給与に見合わないとかは関係ないです。それはできない言い訳。
です。

こうすれば、「奇貨置くべし」かもです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA