業務効率化 中堅・大企業編(1)

今回は中堅企業や大企業向けに最初に考えなくてはならない点を書いてゆきます。

【学習コストを無視しがち】

私もかつて、中堅・大企業に勤務していましたが、ありがちな罠といいますか、経験談にもなります。
結論から言いますと、
経営者や上層部の方は、学習コストを検討しないで効率化のためのSFAやCRMを入れたがることです。
特に現場を見ていない経営者や上層部の方がやりがちです。
確かに、SAPやSaleForceは多機能ですごいツール類です。
がしかし!営業部やサポート部、各部署・・・が使いこなすのが大変。
これを使いこなすための学習コストを忘れているようです。
学習コストがかかっていることは機会損失です。いつになってもそのソフトやツールたちの効率性は発揮されません。
確かに、SaleForceなどはカスタマイズしてもらえますが、それでも使いこなすのが大変。
システムエンジニアの私にも、使いこなすのが大変で面倒でした。

【事件は現場で起きてるんだ!】

今や私も経営者側なので、理由がよくわかります。
経営者や上層部の方の頭の中を覗いてみると・・・
1.営業部の人たちの情報を共有化、売上予測してより効率よい営業や、売上予測や顧客管理をしたい!
   ↓ ↓ ↓
2.おや?営業部の人たちの進捗や情報共有が可視化、数値化されていない!これが原因だ!
   ↓ ↓ ↓
3.(そこでSFAやCRMを知る)これだ!すごい機能!可視化、数値化されて、願いが叶うぞ!

ところが現場は・・・
・そもそも営業はいつも残業なんだよ!
・残業してる中で、そんなツールの使い方覚えられるか!
・余計に仕事増やすなよ!
・そんなツール見つけてくる暇あるなら手伝え!
と、ありませんか?

この後の最悪パターンは、
・営業部に研修時間を設けて、余計残業(涙)
・無理やり使ってみたが、なんか思った以上に可視化が数値化がされていない気が・・・
・ツールを使って効率化が目的だったのに、ツールを使うのが目的になってる気が・・・
・最終的にみんなてきとーに入力するようになって、宝の持ち腐れに・・・
・かけた費用は1,000万円以上。だったら俺に残業代に回してくれよ(営業部)
こんな現場ありませんか?

【根本を見よう】

確かに、各SFAやCRMなどを”使いこなせば”、劇的に効率化や可視化は行えます。
それは、”使いこなせば”です。
機能が豊富=覚えることが豊富である
こと忘れてはなりません。
業務効率化や売上予測や営業力などの数値化や可視化ができていない根本的な理由は、そのようなSFAやCRMが導入されていないからなのでしょうか?
実際には、現場(営業部や人事、経理など・・・・)の実際の作業を見てみなければわからない事がほとんどのように思えます。
例えば、
・メールですませばよい事を、Faxで処理している
・何も決まらない打ち合わせが多い
・すべて上司の承認がないと進まない
・無駄な書類でスタンプラリーが多い
・現場が自発的に業務をこなせない
などなど、様々です。

なんだか、結局、業務効率化とはITどうこうの以前の問題を整理しなければならないという事が多い気がします。
次は、より掘り下げた原因と解決策を書きたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA