沖縄の台風対策はコレ!

近年、本土にも強力な台風が訪れるにようになって状況は一変。
私が、かつて東京に住んでいたころの台風とは異なるし、
宮古島の台風の少し弱い版が訪れている。
そこで、移住者の私が台風対策について語る。

【対策1:何をするべきか?】

・ベランダにあるものはできるだけ家にしまう
 沖縄の台風対策の基本。風で飛ばされて2次災害が発生する可能性がある。植木や鉢などは入るものは全て家の中へ。

・ベランダや外にあるもので、家に入らないものは寝かせるなどとにかく立てない事
 沖縄の台風対策の基本。洗濯物の竿などは外してベランダの隅に寝かせる。重いものでも寝かせるなど

・網戸もしまう
 沖縄の台風対策の基本。網戸が破れる可能性が高い。外して家の中へ。

・車のガソリンは満タンに
 沖縄の台風対策の基本。台風で車が動いたり、転がったりするので満タンに。またガソリンスタンドが、台風後に動かない可能性もあるので。

・自動車の駐車方法を気を付ける
 できれば、近所の人の車と密集体形が望ましいが、難しい場合は建物にぴったりつけるなど風から逃げるようにすること。

・予め2日分くらいご飯を用意
 ウチは2日分のカレー(スパイスのきいた、スリランカカレー)を作り、傷みづらく電気が不要な食事を用意しておく
 また冷蔵庫はあけないで済むものにしよう

・停電は前提と思え
 沖縄の台風対策の基本。停電は当たり前。停電時は、冷蔵庫や冷凍庫は開けない事。開けなければそれなりに中の物が腐らない可能性がある。

・浴槽にお水を貯める(やばい台風の時)
 何に利用するかというと、何かを洗ったり、トイレを流すとき。
 高いマンションは電気で一度お水を最上階にくみ上げているので、停電して畜水がなくなるとトイレや飲み水はでなくなるので、このお水を利用する。

・窓のサッシに新聞紙や雑巾を丸めて詰め込む
 沖縄の台風対策の基本。サッシから風の強さで雨水が逆噴射で入ってくるのだ。
 特に盲点なのが、玄関。玄関のドアの隙間から雨水が吹き込んでくる。

・危ない窓にはガムテープをクロス状にはる
 要は飛散防止。風圧や何かが飛んできて窓ガラスが割れても被害を少なめに。

・飲み水や電気を利用しない食事を用意
 停電は当たり前であることを意識した食事

・その他備品
 ろうそく、懐中電灯(できれば、釣りなどで使うヘッドライト。両手を使いたい)、ラジオ、携帯充電できるもの

【対策2:心構え】

何気にこれが重要です。
沖縄でも宮古島の台風は、最強と言われている。なぜか?山がない島で南に位置し、台風の通り道になりやすいので、直撃時の攻撃力が半端ない。
そんな中で、台風とは何か?「神」である。圧倒的なパワーで、差別はない。
1.停電は当たり前と思うこと
2.家から出れるなら台風とは言わない。台風時は外出がそもそもできない。すれば、死を意味する。危ないと思ったら、台風の前に避難すること。
3.あきらめること。我々が自然のパワーの前にできることは限られている。
4.おとなしく隠れること
5.電気がなくなるとは、トイレやシャワーや下手すると飲み水もアウト。オール家電の方は何もできない。
6.凶悪な台風が来た場合は、3日間は何もできなくて当たり前。
7.行政や電力会社を頼らない。理屈は関係ない、全員被災者だから。誰かを呪っても解決されない現実を見ること。
8.助け合う前提でいること。離島ではこれが強いので復旧が速いといえる。

【対策3:台風の強さの判断】

気象庁などの「大型」や「非常に強い」などの表現は無意味である。
宮古島などの沖縄の離島では、台風をどう見るか?
1.気圧
 気圧が940であれば、風速40~60で、もしかしたら窓ガラスが割れるかも。
 気圧が910前後であれば、風速は50~70で、窓ガラスは割れるかもで、自動車は横転してるかも。
 気圧が900未満であれば、終わった。1か月停電当たり前の世界に突入。

2.風速
 沖縄と本土では風速で受ける被害が違ってるので、判断が難しいが。
風速40以上であれば、内地では木が倒れる可能性大。停電もあり得る。
風速50以上であれば、内地では停電必須で、窓ガラスが突破されるかも。
風速60以上であれば、強固な建物に予め避難をお勧めします。

【対策4:被害にあったら?】

・窓ガラスが割れて突破された!
 台風の強さによるが、できれば反対側の窓も開けてしまい、風を逃がすこと。平屋の戸建てなどなら、必ずそうしたほうがよいと思う。
家の中に吹き込んだ風は逃げ道を探すが、だいたい上昇気流になるので、戸建てなら屋根自体が飛ばさるという最悪パターンに。
窓ガラスが突破されたら、押入れなどに逃げ込んで耐え忍んだ方が安全。片づけるのは、台風後。あきらめよう。

・外には出ないこと
 洪水や土砂崩れでなければ外は出ない方が良い。物が飛んできて大けがをすることがある。
できれば、家の中の風を避けれる場所に隠れること。

【実際は?】

宮古島では台風が毎年来る。風速は40クラスはもちろん、時に風速60クラスも。その場合は、会社は暴風域を抜けるまでお休み。停電は長ければ3日くらい。 インターネット不通は長ければ7日。
コンビニやスーパーは飲み物食べ物は3日間くらい入らず空っぽ。
風速40クラスで、外出は危険でしない方が良い。
風速50クラスで、地鳴りがして外出不可。
風速60クラスでは、風が可視化されるほどに。駐車している自動車に何かが刺さってたり、窓ガラスが割れてたりも。
風速70クラスでは、駐車している自動車が裏返しになる場合も。なってなければラッキー。
風速80以上は、終わった。

とにかく、台風の前では謙虚になることをお勧めする。
学校?電力会社??交通機関??会社??政府??? 全員被災者であり助け合わなければならない存在なだけである。
自然のパワーを認めよう。