政府は、IoT促進よりも役所の無人化すすめてくれ

れわれ国民はもう少し”税金”ってものを認識すべきでしょう。
役所の建物、清掃、維持費、公務員の方々、彼らが使うPC、住民票の手続き用紙、確定申告の案内の紙、などなど
あれ、全て”税金”です!
この税金、無駄が多いと思いませんか?

【悪の根源は、ズバリ行政関連の申請書や提出資料・説明書】

わかりずらくないですか?
Web制作で原稿作成やSEとしてマニュアル作成している身分としては、
アレ、最低最悪です。
わが社であんな申請書や資料作ったらクビにします(笑)。
「わかりずらい=悪」 です(笑)。

では、どうあるべきかとか、いろいろ書いていきます。

【行政関連の申請書や提出資料・説明書は中3の子が理解できるべき】

だって義務教育がそこまでなのですから。
ついでに言えば、法律もそうあるべきです。
できないなら、義務教育を大学までか司法書士まで上げるべきでしょう?
だって、国民が守る法律ですよ?国民が読む行政資料でしょう?
なぜ、”通訳”が必要なのですか? w

【これら資料の問題点1 単語がわからない】

大学出た私でも聞いたことない単語が出てきます。だめです。
全て義務教育内の単語にするべきです。
単語がわからないので、同じ日本人同士で通訳が必要なのです。
その通訳が地方公務員さんです。ひどい。もっと生産的な仕事してもらいたいですね。
この通訳費用が税金です。

【これら資料の問題点2 資料が読みずらい】

ホームページ制作と同じなんですが、資料作り(ドキュメンテーション)に最も必要なのは何だと思いますか?
ズバリ、”愛”です。
なんの愛かというと、「読み手やユーザーさんに読むのにストレスを感じさせない」愛です。
作り手がその制作物への愛ではありません!それは押しつけにになります。

行政資料の読みずらさをダメ出しをします。
たくさんありますが、ここでは簡単に。
1.強調箇所が多すぎるし、強調箇所が数パターンあり可読性が低い
2.字の大きさのパターンが多すぎる。通常は3パターンで納める
3.文章が長ったらしい。何が言いたいのかわからない。
4.説明順序がおかしい。結局最初のページに戻ったりがある。
5.何の資料かわからない。

【比較例・確定申告の資料の場合】

この資料の問題点、1~5について解説。

1.この「医療費控除は・・・」の箇所の問題点
 ・字の大きさが揃っていない。強調したいのはわかるが、実は頭には残りずらいのと可読性が落ちる。
 ・「お知らせ」が、この箇所の見出し1なので、「お知らせ」よりも字が大きいのは間違い。
2と3.この「平成29年分の・・・」の箇所の問題点
 ・文章のセンタリングはよほどの理由がないかぎりやってはいけない。可読性が落ちる。
 ・特に次の「マイナンバーの記載等について」の中の文章「確定申告書を提出するときは・・」が、文章の立ち位置としては、同じで左寄せなのに、合わせていない。
 ・強調したいのはわかるが、色も付けたあげくに、文字の大きさも変えてしかも、見出しよりも大きいとは、最悪。
4.「※医療費の領収書・・・」の箇所の問題点
 ・「※」しるしで注意書きなのだろうが、2と3の文章と同じ立ち位置な気がするが・・・
 ・「5年間」を強調しすぎ、文字の色を変えたあげく字の大きさ変えてる最悪
5.「(注)平成29年・・・」の箇所の問題点
 ・(注)をつけているが、そもそも「※」が注の役割では?もう何が重要なのか注意なのか意味が分からない。

全体としても、このような長い文章の場合にはゴシック体ではなく、明朝体を利用すると可読性が高い。

結局のところ、統一感がない見栄えであるため、どこが重要なのかユーザーさんが迷ってしまう。また、強調が不必要に多すぎて、何が言いたいのかわからない。ストレスそのもの。

ワードで簡単に模倣してみました。こちらの方が可読性が高いでしょ?

【結局、紙が無駄になる】

このように、資料や提出物がわかりずらいがために、印刷された紙は即ごみ箱行き、
提出物は間違えるので、地方公務員という通訳が必要になり、
なんて、無駄でしょう?すべて税金です。
もし、これら資料をわかりやすくするとどうなりますか?

【役所の人数は今の半分以下に減らせるのでは?】

と、期待♪
別にクビにしたいわけではなく、税金を生産性のあるものにしてほしいだけです。
税金払っている立場からすれば当然の要望です。

でもって、役所は無人化、AIや端末で市民自ら資料提出などができます。
なんなら、オンラインでやればさらに安価にすみます。

もちろん、一部、オジーやオバーや障害者の方のために、
人は必要ですが、最小限度で済むはずです。

今や、SiriやCorotanaなどのAIもあるわけですから、
まずは行政全体をAI、無人化してください。
その前に、公務員の方は資料や説明書の作り方をおぼえがほうがイイですね。