コロナ対策で消費税を5%はやめてくれ

今この時点(コロナ対策時期)で、消費税の減税なんてもってのほか!です。なぜか?

【消費税をいじると何が起きるのか?】

一般市民の方でも、消費税を下げればイイなんて思ってる人いると思いますが、通常で考えれば全くもってダメです。
消費税を上げても、下げても、大変なことがあります。
それは、
・スーパーや、飲食店のレジどうするの?
・販売管理システムの消費税どうするの?
・会計ソフトの消費税どうするの?
・自動販売機の値段どうするの?

これがまず大変なこと。
現在ただでさえ、首都圏は外出危険なわけですよね?なのに、消費税下げるとなると、多くのエンジニアたちやベンダーさんたちが出勤で大忙し。
それにつられて、食品卸や問屋などの販売管理システムを利用している会社も。
結局、外出するこちになるわけです。
もちろん、実装するのに数か月かかるわけで、その頃にはもっと大変なことになっているかも。

さらにあります。
それは、「消費税は消費したときにこそ意味があるもの。外出しない、消費しない今時期に下げても意味ない!」です。まして、これから封鎖などになれば、食品などの必要最低限のものしか買わないわけですから、消費税なんて微々たるもの。

さらにあります。
消費税課税対象の企業が、消費税の納税の時にパニックになるし、国税局も。です。
消費税課税対象の企業は、2020年の消費税納税は3パターンに分かれることになり、もう意味不明です。

【商品券たちもNG】

商品券も発行するのに、時間がかかるじゃないですか?
下手したら、商品券の発行業務に対して入札とかするんですかね???
最悪です。

【現金が一番】

現金が一番じゃないですかね?
政府お得意のマイナンバーで、現金受け取った人を管理すればいいだけですよ。
造幣局と自治体が頑張るだけで済むので、時間コスト、人的コストが一番抑えられ、既存で何とかなるかもです。

気になるのは高所得者の方ももらえることですが、一律20万とかで国民全員でよいと思います。
というのは、今、高所得者の方も、1年後もしくは数年後のコロナ終息時には、低所得者になっているかもしれません。
コロナの影響を受けそうな業種について、後ほど書いてみたいと思いますが、1次影響、2次影響、3次影響とあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA